FC2ブログ

マコモ収穫

コンテナ栽培しているマコモ(Zizania latifolia)です。

マコモ10

葉鞘中央部が白く膨らんできました。
収穫開始です。


マコモ11

程よく膨らんだものについて、株元から切って収穫します。
調整した状態(収穫物の姿)。↓


マコモ12

10月下旬頃まで採れます。

スポンサーサイト



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.09.30 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 家庭菜園

息抜き

今日は朝から海へ行きました。

釣り1

家から車で15分くらいのところにある砂浜です。

砂浜にやってきた目的は、「釣り」です。
(正確に言うと、キス天(鱚の天ぷら)が食べたくなったので釣りにきた、訳です。)

私は釣り師ではないので、簡単な道具と仕掛けでちょこっと釣りながら、ぼんやり海を眺めながら・・・
という感じです。

開始して2投目↓


釣り2

12cmのキスを捕獲、リリースしようかとちょっと迷いましたが、
美味しいサイズではあるので、クーラーボックスへ。

3投目↓


釣り3

まあまあのサイズのマダコ、かなり暴れていましたが、クーラーボックスへ。

5投目↓


釣り4

20cmと15cm、このサイズなら十分満足。

と、まあこんな感じでだらだらと2時間程過ごし、家に帰ることにしました。


釣り5

砂浜に咲いてたハマゴウ(Vitex rotundifolia)、綺麗な色でした。↑


本日の釣果(シロギス17、マダコ1)↓


釣り6

キスは水洗いし、ウロコを除き、背開きにして背骨を取って、天ぷら用に加工。↓

釣り7

マダコは塩でもみ洗い後、処理して、下茹で加工。↓

釣り8

下処理が終了したら昼になっていました。

外ではオフタルモも元気に咲いていました。↓


メセン21

夕食の一品に、キス天、タコ天、茹でダコスライスを入れました。↓

釣り9

(一人分の盛り付け↑)

釣り11

(4人分の盛り付け↑)

ごちそうさまでした(^^)。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.09.28 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 園外

開花直前

9/8に植え替えたメセン類がいい感じになってきました。

メセン18

特にオフタルモは一斉に花芽が出てきて調子良さそうです。

メセン19

つやつやぴかぴかな球体に白い蕾、開花直前、素敵なひととき。

メセン20




テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.09.27 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 多肉植物

白菜と大根

秋冬野菜の様子です。

9/7にセルトレイに播種したハクサイです。↓


ハクサイ6

本葉が3枚程度になりました。
週末には畑に定植しようと思います。


9/16に畑に播種した桜島大根です。↓


桜島大根18

いい双葉が出てきました。
週末には1か所2~3本に間引きします。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.09.25 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 家庭菜園

コマツナ

コマツナの播種をして一週間が経ちました。

コマツナ1

たくさん生えてきました。
寒冷紗で覆っているので、今のところ虫による食害はありません。


コマツナ2

しかし、一か所に播いた種子数が多すぎたので、少々混み合っています。
暫くは間引きしながら食べていきますか・・・。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.09.23 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 家庭菜園

サラセニアの採種

2013.7.4記事のサラセニア・オレオフィラ(Sarracenia oreophila)です。

果実が熟しました。


サラセニア21

果実の周りの花弁等を取り除いた状態。↓

サラセニア22

これを指でもみほぐすと・・・↓

サラセニア23

大量の種子が採れました。(画像は2果分の種子です。)

来春はたくさん生えてくるかな?


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.09.22 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 食虫植物

今月のグンネラ

グンネラ マニカタ(Gunnera manicata)です。

今年もなんとか夏を乗り切ることができました。
さすがに少々ダメージはあるようですが、
まずは「生きている」ということで「よし」とします。

グンネラ①↓


グンネラ50

グンネラ51

まずまずの新しい葉が出てきました。(用土の表面や鉢底には新根の発生が見られます。)


グンネラ②


グンネラ52

グンネラ53

こちらも新しい葉が出ようとしていますが、一つ前に出た葉よりも小さめのようです。
(新根の発生が見られ株は元気なので、冬までにどれくらい立て直せるかといったところでしょうか。)


グンネラ③


グンネラ54

これは特に問題なしです。


おまけ画像↓

先ほど(21時頃)、鉢栽培の月下美人(Epiphyllum oxypetalum)が満開になりました。


月下美人1

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.09.21 | | コメント(4) | トラックバック(0) | グンネラ

ミラクル

毎年10月が近くなると
鉢植えのミラクルフルーツ(Synsepalum dulcificum)が赤い果実を実らせます。


ミラクルフルーツ2

ミラクルフルーツは果実中にミラクリンという特殊な糖タンパクを含むため、
これを食べた後に酸味のあるものを食べると甘く感じるという不思議な現象が起こります。

実際に食べてみるとミラクルフルーツ自体は甘酸っぱい味で、
その後レモンなどを食べても酸っぱさを感じずホント不思議です。

栽培し始めた頃は珍しさから、レモンを買ってきて頻繁にためしてみたものですが、
最近はすっかり「観賞樹」になっています。



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.09.20 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 家庭菜園

ビオラの発芽

9/7に播種したビオラが発芽しました。

ビオラ24

(画像右下の鉢の発芽が不自然なのは、一週間くらい前に足をひっかけてひっくり返してしまったから・・・)

・・・なにはともあれ、元気に出てきたので良しとしましょう。


ビオラ25

週末は鉢上げ用土を作成しなくては。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.09.18 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 植物

野菜の種まき

先日準備した家庭菜園の一部に野菜の種まきをしました。
(作業日:9/16)


畑10

画像手前2畝(うね)の、マルチに穴を空けている部分に桜島大根を播きました。
画像奥の畝には小松菜を播き、モンシロチョウやヨトウガ類を避けるため寒冷紗を被せました。
小松菜は10月下旬には収穫してしまい、その後にエンドウ豆(スナップと実エンドウ)を播く予定です。



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.09.17 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 家庭菜園

畑作り

昨日(9/14)、秋冬野菜の種まき・植え付けのため、畑の準備をしました。

夏野菜終了後、休ませていた家庭菜園。↓
(画像右の方に残しているのは、まだ収穫中のバジル。)
(一番奥は、先日植えつけたラッキョウ。)


畑1

堆肥(完熟牛糞堆肥)、苦土石灰(粒状炭酸苦土石灰)、有機化成(有機質入りの化学肥料)を撒きます。↓

畑2

よく耕し混ぜ込んで、溝を切って畝(うね)を作ります。↓

畑4

畝を綺麗に均し成型します。↓

畑5

マルチを張ります。↓(※)

畝の両端はマルチに土をかけて固定します。


畑6

マルチの両サイド(畝の横の部分)は、丈夫な針金で「コの字型」のマルチ留めを作り、突き刺して固定していきます。

畑7

畑9

マルチを固定し完成した状態。↓

畑8

※畝にマルチを張る目的は・・・
①雑草防止
②土壌の養水分保持と土壌環境の安定化
③泥はね防止による病害予防
④(特にシルバーマルチの場合は)アブラムシ等の飛来軽減
などがあります。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.09.15 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 家庭菜園

大輪の花火

本日は、ブルンスヴィギア・ボスマニアエ(Brunsvigia bosmaniae)の特集です。

この花の故郷は、南アフリカだそうです。
荒涼とした大地で花を咲かせているのでしょう。
(イメージ的にはこんな感じでしょうか・・・↓)


ブルンスヴィギア・ボスマニアエ11

花房は傘状に蕾が着き、外側から内側へと咲き進んでいきます。
咲き始めの花は白色ですが後にピンクを帯びてきます。
また、咲き始めの花の葯(雄しべの先端の花粉が入った器官)は紫褐色ですが、
暫くすると葯が開き花粉が出るため、白っぽく見えます。
花には甘く優しい香りがあります。


ブルンスヴィギア・ボスマニアエ8

ブルンスヴィギア・ボスマニアエ7

ブルンスヴィギア・ボスマニアエ12

花の直下には黄緑色の子房があり、この中に種子ができます。↓

ブルンスヴィギア・ボスマニアエ10

一花の寿命は短く、花びらがピンクを帯びてきたら終わりが近いです。
したがって、全体としてこれくらいの咲き具合が見頃といえます。↓
(花房の直径は18cm)


ブルンスヴィギア・ボスマニアエ9

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.09.14 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 球根植物

発芽

先週土曜日に種蒔きしたハクサイが発芽しました。

ハクサイ5

よく日に当てて、薄い液肥をやって、定植の日までしっかりと育てます。


8月下旬に植え替えた黄色アザミも発芽しました。


黄色アザミ8

もう少し勢いが出てきたら、置き肥をやろうと思います。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.09.13 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 植物

満開

本日のブルンスヴィギア・オリエンタリス(Brunsvigia orientalis)です。

ブルンスヴィギア・オリエンタリス9

満開です。
でも、既に、一番最初に咲いた花の雄しべが‘ぐったり’気味です。
この花、蕾~五分咲きくらいまでがピークかも。


一方、ブルンスヴィギア・ボスマニアエ(Brunsvigia bosmaniae)は、
本日、開花が始まりました。


ブルンスヴィギア・ボスマニアエ5

ブルンスヴィギア・ボスマニアエ6

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.09.12 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 球根植物

七分咲き

本日のブルンスヴィギア・オリエンタリス(Brunsvigia orientalis)です。

ブルンスヴィギア・オリエンタリス8

七分咲きといったところでしょうか。


一方、ブルンスヴィギア・ボスマニアエ(Brunsvigia bosmaniae)の花芽も大きくなりました。


ブルンスヴィギア・ボスマニアエ3

ブルンスヴィギア・ボスマニアエ4

こちらも、期待できそうです。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.09.11 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 球根植物

三分咲き

本日のブルンスヴィギア・オリエンタリス(Brunsvigia orientalis)です。

ブルンスヴィギア・オリエンタリス6

三分咲きといったところでしょうか。

ブルンスヴィギア・オリエンタリス7


八月末に植えつけたラッキョウも綺麗に芽が出てきました。↓

らっきょう27

周囲の草も伸び放題・・・

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.09.10 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 球根植物

ハクサイの播種

2日前(土曜日)にハクサイの種まきをしました。
今日はその様子をご紹介。

ハクサイは畑に直接播いてもよいのですが、
発芽直後に虫害を受け易いので、
苗を立てて定植することにしています。

酸度調整したピートモス、バーミキュライト、赤玉土に化成肥料を少し混ぜて播種用土を作ります。
用土をセルトレイに入れたっぷり灌水して落ち着かせます。↓


ハクサイ1

深さ5mmくらいの窪みを付けて、ハクサイの種子を一粒ずつ入れていきます。↓

ハクサイ2

バーミキュライトで覆土します。↓

ハクサイ3

やさしく水をかけて雨の当たらない日当たりに置いておきます。↓

ハクサイ4

**********

本日のヒガンバナ科


ブルンスヴィギア・オリエンタリス5

ブルンスヴィギア・オリエンタリス(Brunsvigia orientalis)です。
今朝、蕾がほころんでいました。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.09.09 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 家庭菜園

メセンの植え替え

本日は、冬型多肉植物のメセン類を植え替えました。

植え替え前の様子。↓


メセン11

オフタルモフィルム・フリードリッヒアエ↑

メセン12

コノフィツム・ラビシアナム↑

などなど・・・

用土は、ピートモス、バーミキュライト、赤玉土、鹿沼土を混ぜたものを使用しました。↓


メセン17

株を鉢から抜き、古土、古根、古皮を取り除き調整します。

メセン13

メセン14

メセン15

↑(特に並べる必要はないのですが、状態がよくわかりますので・・・)

これを、新しい用土で植え付け、たっぷり灌水して、元の場所へ置きます。↓


メセン16

用土の表面には軽石(小粒)を一並べしていますが、
これは、植物の株元の過湿を防ぎ腐敗を予防するためです。

**********

本日のヒガンバナ科


ハエマンサス・ランシフォリウス1

ハエマンサス・ランシフォリウス(Haemanthus lanceifolius)↑

小型のハエマンサス、白い花芽が見えてきました。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.09.08 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 多肉植物

ビオラの播種

今日はビオラの播種を行いました。
品種は「イエローチャーム」という固定種と思しき黄色品種の自家採種ものです。

まず、播種用土を調整します。
ピートモス(石灰で酸度矯正済み)・バーミキュライト・赤玉土・化成肥料少々を良く混ぜます。
(水を少し足して、ピートモスが吸水しやすいようにしっとりさせておきます)


ビオラ18

平鉢に半分くらい用土を入れ、上から優しく灌水し落ち着かせます。

ビオラ19

ビオラの種子を用意します。

ビオラ20

平鉢の用土の上にまんべんなくばらまきます。

ビオラ21

バーミキュライトを薄く撒き、軽く灌水します。

ビオラ22

少し腰水して、発芽するまで明るい日陰で管理します。

ビオラ23


・・・さて、本日のヒガンバナ科の様子。

ブルンスヴィギア・オリエンタリス(Brunsvigia orientalis)は花芽が伸びて大きくなってきました。↓


ブルンスヴィギア・オリエンタリス3

いい感じの蕾です。↓

ブルンスヴィギア・オリエンタリス4

そしてこれは、ブルンスヴィギア・ボスマニアエ(Brunsvigia bosmaniae)という種類です。↓
花芽が出てきました。


ブルンスヴィギア・ボスマニアエ1

この種(しゅ)は、オリエンタリスより大きく花数も多いです。

ブルンスヴィギア・ボスマニアエ2


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.09.07 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 植物

コヒガンバナの花

コヒガンバナ(Lycoris radiata var. pumila)の花が咲きました。

コヒガンバナ5

一花茎の輪数が少ないためか、ヒガンバナ(Lycoris radiata )よりも華奢な感じがします。

コヒガンバナ6

朝は花びらが素直に開いていましたが↓

コヒガンバナ9

夕方は花びらの側面が波打っていました。↓

コヒガンバナ7

かなちゃん(カナヘビ)にはこんな風に見えてるかな?↓

コヒガンバナ8



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.09.06 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 球根植物

ハエマンサス始動

本日もヒガンバナ科・・・

ハエマンサス・アルビフロス(Haemanthus albiflos)が動き始めました。


ハエマンサス・アルビフロス2

大きな二枚葉の中心に新しい葉が見えています。↑

ハエマンサス・アルビフロス3

球根(バルブ)も‘ぷりぷり’に太っています。↑

花が出てくるのはもう少し後になりそうです。


コヒガンバナは開花しようとしていました。↓


コヒガンバナ4


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.09.05 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 球根植物

ヒガンバナ科まつり開幕

ヒガンバナの咲く時期が近づいてきましたが、
この季節、先日の記事のコヒガンバナもそうですが、
多くのヒガンバナ科の球根類が動き始めます。

南アフリカ原産のブルンスヴィギア(Brunsvigia)属もその一つです。

ブルンスヴィギア・オリエンタリス(Brunsvigia orientalis)の花芽が伸びてきました。↓


ブルンスヴィギア・オリエンタリス1

まず花が咲き、花後に葉っぱが出てきます。

ブルンスヴィギア・オリエンタリス2

ワクワクがいっぱい詰まったヒガンバナ科球根。
これも開花しましたらアップします。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.09.04 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 球根植物

コヒガンバナ

一雨降って、コヒガンバナ(Lycoris radiata var. pumila)の蕾が伸びていました。

コヒガンバナ1

コヒガンバナは、いわゆるヒガンバナ(Lycoris radiata)と同じ種(しゅ)といわれていますが、
ヒガンバナが三倍体であるのに対し、コヒガンバナは二倍体です。(※)


※多くの一般的な生物は基本となる染色体が一対ずつ(2本ずつ)あるので二倍体と呼ばれます。
二倍体が何らかの理由で、もう半対分染色体が増えてしまった状態が三倍体です。
三倍体は(一般的には)生殖活動の際に起こる減数分裂が上手くいかないために種子ができません。


コヒガンバナ2

コヒガンバナは、ヒガンバナに比べて花芽が伸びる時期が早く、蕾数も少ないようです。

コヒガンバナ3

開花しましたら、またアップしたいと思います。

2013.09.02 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 球根植物

ラケナリアの植え替え

今日はラケナリアの植え替えを行いました。

植え替え前の鉢です。
地上部が枯れた後は水を切って雨の当たらない日陰で管理していました。↓


ラケナリア1

この鉢をひっくり返して、球根を取り出します。
上土を除いたときに状態のよい球根が顔を出すと「やる気」が出ます。(^^;)


ラケナリア・ヴィリディフロラ5

すべて掘り出して整理した状態。↓

ラケナリア2

左の茶色っぽいのは、ラケナリア・カルノサ(Lachenalia carnosa)
右の白っぽいのは、ラケナリア・ヴィリディフロラ(Lachenalia viridiflora)です。


綺麗に洗った鉢に鉢底ネットを敷き、
用土(※)を少し入れてマグァンプを少々、
更に用土を半分くらいまで入れて球根を置きます。↓

※用土:赤玉土と鹿沼土を等量混合

ラケナリア3

球根の上1cmくらい覆うように用土を足して、たっぷり水を遣って微塵を洗い流したら(※)完了です。
※鉢底から流れ出る水の濁りが無くなるまでたっぷりと水遣りします。



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.09.01 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 球根植物

«  | ホーム |  »

プロフィール

yamakamasu2012

Author:yamakamasu2012
我が家の植物の記録、
虫ネタなどなど、
コツコツ、地味にやってます

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR