FC2ブログ

ラッキョウの植え付け

今日はラッキョウの植え付けをしましたので、作業手順をご紹介。

ラッキョウの種球は畝の端一部を収穫せずにおいていたものを使いました。
(青いコンテナの横のあたり:2013.5.31記事参照)↓


らっきょう19

そこをスコップで掘り起こすと・・・
ラッキョウがごろごろ出てきました。↓


らっきょう20

状態良好。たくさん採れました。↓

らっきょう21

今回植えつける場所に肥料を撒いて、鍬で耕し、畝の両側に溝を切りました。↓

らっきょう22

畝を崩しながら平畝(ひらうね:上面が平らな畝)に成型しました。↓

らっきょう23

ラッキョウの種球を植え付け場所に一個ずつ並べました。↓

らっきょう24

6×25、150個の種球が並びました。
拡大するとこんな感じ。↓


らっきょう25

種球の頭が隠れるくらい(5cm程度)の深さに植え、軽く表面を均して完成です。↓

らっきょう26


スポンサーサイト



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.31 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 家庭菜園

夕暮れのベッセラ

最近、日暮れが早くなって、帰宅すると薄暗くなっています。

先週から咲き始めたベッセラ・エレガンス(Bessera elegance)です。


ベッセラ6

可憐な花なのですが、夕暮れの空をバックに妖しく佇んでいます。

ベッセラ7

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.30 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 球根植物

へびうり

育てたいけれど、場所がとれない。
とりあえず植えておけば、ソコソコ育ってくれる。

そんなウリ科野菜を庭の隅の空きスペースで、適当に育てています。


ヘビウリ1

左の‘しましま’はヘビウリで、
右の黄色いのは、そうめんうり(金糸瓜)です。

どちらも食用です。

我が家のヘビウリは、緑と白のストライプのはっきりした、ちょっとずんぐりしたタイプのものです。
このヘビウリ、葉、蔓、果実、どこを触っても、
「生臭さと青臭さと爽やかさと香ばしさ」を足して4で割ったような臭いがします。
言ってしまえば悪臭に近いものですが、調理すれば臭いが無くなります。


ヘビウリ2

これはヘビウリの花↑、この花からするとカラスウリに近い仲間ということでしょう。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.28 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 家庭菜園

黄色アザミの植え替え

6月下旬に咲いていた、南欧産の黄色アザミの地上部が枯れました。

黄色アザミ3

今のうちに植え替えです。

鉢から抜いてみると、鉢底で根がぐるぐる廻っていますが、
多くは役目を終えているようです。↓


黄色アザミ4

これをほぐして、古土と枯れた根を取り除くと、二股に分かれた太い根が残りました。↓

黄色アザミ5

この種(しゅ)は我が家には一鉢しかないので、危険分散のため根を切って殖やすことにしました。

黄色アザミ6

左が芽付きの元株、右が二股の一方の根
あと写真には入っていませんが小さく太い根を切り取りました。

これらを、新しい用土(赤玉土+日向軽石+富士砂の混合)で植えつけて、
たっぷり水を遣って完了しました。


黄色アザミ7


※この作業は8/24に行ったものです。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.26 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 山野草

キアゲハの旅立ち

先週、家庭菜園のパセリを片づけたときに、
茎にキアゲハ(Papilio machaon)のサナギを二つ見つけました。

それを例によって(^^;)、保護していたのですが、
今朝、そのうちの一頭が羽化しました。


キアゲハ3

成虫の下に残っているのが、蛹の殻です。↑

顔を撮ってみると、ぐるぐる巻いた口吻(こうふん:口のこと)が面白いです。↓


キアゲハ4

昼過ぎには蝶の体の準備が整い、雨も止んだので、
曇り空ではありましたが、旅立たせました。


キアゲハ5

ひらひらと庭を旋回したあと、力強く飛び立っていきました。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.25 | | コメント(2) | トラックバック(0) | いきもの

N.ルピコラの植え替え

今日は久々の雨でした。

少し涼しいこんな日は、テラスの下で秋の植え替え作業を始めます。

2012.4.7記事で紹介しました原種スイセン、
ナルキッサス・ルピコラ(Narcissus rupicola)を
そろそろ植え替えなければなりません。

初夏に葉が枯れた後、断水し、雨の当たらない場所で放置していたもの。↓


N.ルピコラ4

ここから球根を掘り出し、古葉と枯れた根を取り除きます。
同時に、球根をつまむようにして古い皮を除きます。
また、つまんだときに軟らかいものは腐っているので処分します。

掘り出した球根を並べてみました。↓


N.ルピコラ5

画像の上半分の30個は開花可能な大きさだと思います。
画像右上の2個は残念ながら腐っていました。

これを新しい用土で植え替えて通常管理(用土の表面が乾いたら水遣り)とします。


※用土は赤玉土(小粒)とバーミキュライトを7:3くらいで混ぜたものを使用しています。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.24 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 球根植物

コウホネイエロー

6月頃から次々と花を咲かせている
サイジョウコウホネ(Nuphar japonicum var. saijoense)です。

この種(しゅ)は、普通のコウホネに比べ、雌しべの柱頭が赤いのが特徴です。

朝、開花したばかりの状態。↓


サイジョウコウホネ2

夕方、花びらを閉じようとしている状態。↓
(朝に比べて花の雰囲気が違うのは、雄しべが展開しているから)


サイジョウコウホネ3

「いい黄色だなぁ」って、見とれていると、
背後に気配が・・・


キジバト6

毎日水を飲みに来る「ぽっぽさん」でした。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.23 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 水生植物

ブルースポット

我が家の庭には何種類かのトンボが棲みついています。

イトトンボの仲間だと、以前の記事でも登場したことのある
キイトトンボ(Ceriagrion melanurum)が
6月から10月頃まで見ることができます。

そして、もう一種類、8月頃から姿を見せるイトトンボがコレ↓


アオモンイトトンボ1

アオモンイトトンボ(Ischnura senegalensis)です。

腹部先端付近にあるブルースポットがとても綺麗で、
飛んでいる姿もブルーがよく目立って幻想的です。


アオモンイトトンボ2

このトンボはキイトトンボより少し小さめですが、
気が強い性格で、両者が出会うと大抵キイトトンボが追い払われてしまいます。



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.22 | | コメント(2) | トラックバック(0) | いきもの

一日遅れた・・・

本当は昨日(8/20)に書こうと思いながら、寝てしまったので、
一日遅れで書いてみます(^^;)。


当ブログ「こっそりと植物園」を始めて一年になりました。

一年前の今日(2012.8.20)、
帰宅後、いつものように植物に水を遣って、魚に餌をやって、家のことをして、
パソコンの電源を入れると、部屋の隅に置いてあるウスタビガの繭がかさかさ揺れて・・・
ふと、「ブログでもやってみようか・・・」って思ったのです。

プロフィールにも書いていますが、
「我が家の植物の記録、虫ネタなどなど、コツコツ、地味にやってます」
・・・そのままです。

そんな私のブログですが、
訪問してくださる方が少しずつ増えてきました。
とても嬉しく、有難いと思っております。

・育てている花々や野菜など綺麗な写真とともに紹介されている方、
 →とても素敵な写真と明るく優しい文章、元気をもらえます。

・ガーデニングのほかに、日々の出来事や思いを綴られている方、
 →共感できることが多くて気持ち分かります、大丈夫です、応援しています。

・北国で素敵な植物をコツコツと育てられている方、
 →独特の語り口が楽しいです。カワイイ花が咲いたときは嬉しいですね。

・可愛いいきもの達を愛情いっぱいに育てられている方、
 →いきもの達が幸せそうで、和みますし、癒されます。

・なかなか見る機会のない職人技と日々の事を紹介されている方、
 →物作りの過程は興味深いです。食事(食べ物)や花の記事も楽しみです。

・それから、私の初めての‘ブロともさん’
 →いつもコメントありがとう。軽快な文章に絶妙な写真、楽しいです。これからもよろしくお願いします。

・そのほかの皆さんのブログも、興味深く、面白く拝見しています。また、FC2以外の訪問者の方々やコメントをくださる方々、いつもありがとうございます、嬉しく思っています。

本当はみなさんのコメントに書き込めばいいのだろうけれど、
小心者の私は、今のところは、この場でみなさんに「ありがとう」の気持ちを伝えたいです。


というわけで、当ブログは、
これからも変わらず「コツコツ地味に」更新していきますので
今後ともよろしくお願いします。


ジャスティシア・エクボリウム2

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.21 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

ショウリョウバッタ

夕方、庭の植物に水遣りしていると、
「がさっ!」という音とともに大きな虫が跳び出しました。


ショウリョウバッタ1

斑入りガマにとまったこの虫は、
ショウリョウバッタ(Acrida cinerea)のメスです。


ショウリョウバッタ2

触角の先から翅の先までの長さが10cm以上はある(たぶん)、我が家では最大級の昆虫です。
普通は草がたくさん生えている‘野原’に住む昆虫ですが、
毎年出てくる我が庭の住人(ウチも草多いからなぁ・・・)。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.19 | | コメント(3) | トラックバック(0) | いきもの

今月のグンネラ

グンネラ マニカタ(Gunnera manicata)です。

7月下旬~8月上旬の猛暑+日差しで葉を焼いてしまいました。


グンネラ42

基本は遮光、短時間だけ遮光なしの直射日光が当たるように寒冷紗を設置していたのですが、
さすがに超高気温+直射日光には若い葉は耐えられなかったようです。
8月上旬からは寒冷紗の高さを倍にして、寒冷紗越しの日光しか当たらないように調節しました。
(置き場は家の東側通路、12時以降は日陰になる場所で、風通し良好)

グンネラ①↓


グンネラ43

グンネラ44

展開葉の直射日光を受けた部分がダメージを受けています。↓

グンネラ49


展開前の葉がダメージを受けると、展開後に葉縁および葉の全面がスポット状に褐変し枯死します。↓

グンネラ48


グンネラ②↓

グンネラ45

グンネラ46

グンネラ②の被害は少なめでした。↑

グンネラ③↓


グンネラ47

グンネラ③は、株が小さく寒冷紗の陰に完全に隠れていたので、被害なしでした。↑


グンネラ①は画像で見るとダメージが大きく見えますが、
実際に観察すると、株自体は大変元気で根もよく伸びており、大丈夫な感じです。
このままなんとか夏を乗り切れるのではないかと思っています。


この夏の教訓:猛暑日の直射日光(遮光なし)は短時間でも避けた方が無難

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.18 | | コメント(4) | トラックバック(0) | グンネラ

本日のヨウラクタマアジサイ

ヨウラクタマアジサイ(Hydrangea involucrate var. multiplex)です。

ヨウラクタマアジサイ10

花数が増え、一花一花が咲きすすんで長く伸びてきました。

ヨウラクタマアジサイ11

これこそヨウラク(瓔珞※)と呼ばれる所以です。

ヨウラクタマアジサイ12

※瓔珞:仏様やその周りを飾るぶら下がり系の(上手く言えませんが、ジャラジャラした感じの)飾りです。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.17 | | コメント(3) | トラックバック(0) | 花木

ズッキーニの採種

6月中~下旬頃にたくさん収穫していたズッキーニ、
採り遅れて大きくなってしまったものを、採種用にそのままおいていました。


ズッキーニ9

果実がオレンジ色を帯びてきて、完熟に近い状態になってきたようです。
「もう種子は充実しているだろう」と思って、
収穫して縦割りしてみました。↓


ズッキーニ10

ズッキーニ12

種子は十分に成熟しているようです。


ワタの部分(種子のある真ん中の部分)を水を張った容器に取り出し、
種子を集めて水洗いしました。


ズッキーニ11

果実3個分からこんなに採れました。↓

ズッキーニ13

種子のアップ。↓

ズッキーニ14

よく乾燥させたのち、冷蔵庫で保存します。

自家採種ズッキーニ、ちゃんとしたのが収穫できるのか、楽しみです。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.16 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 家庭菜園

セミの抜け殻

我が家の周辺にはたくさんセミが居ます。

クマゼミ(Cryptotympana facialis)の抜け殻。↓


クマゼミ1

クマゼミの抜け殻は、少し泥に汚れた薄茶色で、がっしりした感じです。


アブラゼミ(Graptopsaltria nigrofuscata)の抜け殻。↓


アブラゼミ1

アブラゼミの抜け殻は、泥がついておらず赤茶色で艶があります。


あと、両者の抜け殻を見分ける決定的な違いがあるのですが、写真を撮り忘れていました。
またの機会に紹介したいと思います。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.15 | | コメント(4) | トラックバック(0) | いきもの

パキスタキス

暑いのもなんのその、7月から咲き続けている、
パキスタキス・ルテア(Pachystachys lutea)です。


パキスタキス・ルテア1

今年は春先に植え替えていないので、少々貧弱ですが、
トレードマークの黄色い苞は健在です。
画像の黄色い苞の上部に白いものが見えますが、これが花です。
花は花穂(苞)の下から上へ咲き進んで行きます。

日光大好き、暑さも大丈夫ですが、
午後の強い日差しを少し遮ってやるようにすると、
より綺麗に育ちます。

冬季は刈りこんで、室内で冬越しさせます。



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.14 | | コメント(3) | トラックバック(0) | 植物

ウンカとカマキリ

コンテナ栽培しているマコモ(Zizania latifolia)に、
昨年あたりからヨコバイみたいな虫がたくさん発生するようになりました。


ホソミドリウンカ1

ホソミドリウンカ(Saccharosydne procerus)というマコモに付く虫らしいです。
お尻に白い突起を付けているのが幼虫で、全身緑のが(画像の一番下)成虫です。
だいたい、ご家族?で集まって暮らしています。

マコモの葉を揺すると、かなり虫が飛ぶので、
「今年はちょっと増えすぎだなぁ~」と思っていると、天敵は現れるもので、↓


ハラビロカマキリ6

ハラビロカマキリ(Hierodula patellifera)の幼虫が来ていました。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.13 | | コメント(2) | トラックバック(0) | いきもの

インベーダー

夕暮れ時、我が家に緑の魔の手が迫っていた・・・

プラティケリウム・グランデ1

その正体は、我が家の物干し場の住人、
プラティケリウム・グランデ(Platycerium grande)、
いわゆる「ビカクシダ」の仲間です。


プラティケリウム・グランデ2

大きく育てたい一品です。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.12 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 植物

こっそりと水族館

我が家のリビングには水槽が何本かあり魚を飼育しています。

そのうちの一本。↓


水槽1

45cm水槽に多数の魚が泳いでいます。

この魚達はメキシコ原産のメダカの仲間、
クセノフォラス・キャプティバス(Xenoophorus captivus)です。

青緑色のメタリックな光沢のオス。↓


クセノフォラス・キャプティバス1

青色のメタリックな光沢のメス。↓

クセノフォラス・キャプティバス2

人懐っこい性格で空腹・満腹にかかわらず寄ってくる可愛い魚達です。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.11 | | コメント(2) | トラックバック(0) | こっそりと水族館

H.ヒルスタスの播種

7月初めに咲いた、
ハエマンサス・ヒルスタス(Haemanthus hirsutus)が結実したので、
種子を播いてみることにしました。

結実の様子。↓


ハエマンサス・ヒルスタス7

ハエマンサス・ヒルスタス8

実を採った状態(2個体分)。↓

ハエマンサス・ヒルスタス9

実を割って中の種子を取り出した状態。↓

ハエマンサス・ヒルスタス10

平鉢に赤玉土を入れて、種子を並べました。↓

ハエマンサス・ヒルスタス11

軽く覆土してたっぷり水を遣ってラベルを立てて完成です。↓

ハエマンサス・ヒルスタス12

発芽が楽しみです。


おまけ画像。
本日の我が家の南側テラス下(戸外)のお昼頃の気温。↓


温度計1

画像の温度計は右側の水銀柱(銀色の部分)の先端で読み取ります。
つまり40℃・・・。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.10 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 球根植物

かなちゃん

先月中旬頃(いつだったか記録し忘れていたのですが・・・)、庭の草を抜いていると、
ゴロゴロとカナヘビ(=ニホンカナヘビ(Takydromus tachydromoides))の卵が転がり出てきました。

元の場所に戻そうにも、よく分からなかったので、とりあえずケースに保護していました。

それが、今朝、孵化しようとしていました。↓


カナヘビ1

右の卵が割れ鼻先が見えています。

しばらくこのままだったのですが、
ちょっと目を離したすきに、あっという間に出てきました。


カナヘビ2

かわいいカナヘビの誕生です。
元気いっぱい、走り回っていました。

あんまり見ていると手元に置いておきたくなってしまうので、
すぐに、庭に放流しました。

もう一個の卵は、仕事から帰宅後の18時頃に同じように孵化したので
これも放流。

達者で暮らせよ~(^о^)。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.09 | | コメント(2) | トラックバック(0) | いきもの

猛暑恐るべし

本日の画像にはキレイなものはありません。

今年の猛暑の記録のひとつです。

斑入りガマ:葉先が茶色く傷んでいます。↓


ガマ1

サラセニア・オレオフィラ:春に綺麗なグリーンだった葉は茶色に焼けてしまいました。↓

サラセニア20

スイレン「ペリーズ ファイヤー オパール」:朝、綺麗に開花しても、夕方には干からびてしまいます。↓

スイレン22

オオパイプカズラ:せっかく早くできた花芽も、うなだれてしまいました。↓

オオパイプカズラ18

みんな、がんばれ!

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.08 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 植物

本日のヨウラクタマアジサイ

ヨウラクタマアジサイ(Hydrangea involucrate var. multiplex)です。

ヨウラクタマアジサイ7

かなり咲いてきて、花房も大きくなりました。

ヨウラクタマアジサイ8

花房の直径は18cmくらいです。

一花を拡大。↓


ヨウラクタマアジサイ9

まだまだ、これから・・・

それにしても、毎日暑すぎて植物たちはバテ気味です。



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.07 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 花木

‘いぼがえる’って呼ばないで

庭のガマ栽培槽の縁に茶色いかえるさん。

ヌマガエル1

ヌマガエル(Fejervarya kawamurai)です。

ヌマガエル2

良く似た種類ツチガエル(Rana rugosa)とともに、
「いぼがえる」と呼ばれたりするカエルです。


ヌマガエル3

水辺を好むこのカエル、我が家では夏の間、
水生植物の栽培槽周辺でのんびり暮らしています。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.06 | | コメント(4) | トラックバック(0) | いきもの

朝顔=暁の海

毎年、種まきして育てている草花のひとつに、アサガオがあります。
以前は色々な品種を並べて植えていたこともありましたが、
ここ5年くらいは1品種のみの栽培です。

「暁の海(あかつきのうみ」↓


アサガオ1

特にこだわりはなかったのですが、なんとなく波長が合って、
気が付けば毎年この品種を作っていました。

私の中では「朝顔=暁の海」、まさに「KING OF ASAGAO」でしょうか(^^;)。
今では、この品種を作るのが自分の中で年中行事のひとつになっています。


アサガオ2

濃いブルーの大輪花、たくさん、きちんと作ると、本当に見事です。
(とか云いながら、今年は未だに支柱を立てておらず、地這い状態・・・)


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.05 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 植物

ミョウガの花

果樹栽培用の大きなプラ鉢や発泡スチロールケースを使って
ミョウガ(Zingiber mioga)を育てています。


ミョウガ1

ウチの系統は早生ミョウガで、
7月初め頃から花芽(いわゆるミョウガの食べる部分「花ミョウガ」)が出てきます。

先月、7月15日に収穫したミョウガ。↓


ミョウガ3

ミョウガは花芽なので、収穫が遅れると花が咲きます。↓

ミョウガ2

乳白色の綺麗な花です。



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.04 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 家庭菜園

ハチの家族

5月上旬、鉢物の行燈仕立て用の支柱に、アシナガバチが巣を作り始めました。

ヤマトアシナガバチ1

それが今では大きくなって家族が10匹くらいに増えました。

ウチの庭には結構いろいろなハチが住んでいるようですが、
このハチは「ちょっと普通のと違うなぁ」と思って観察していました。


ヤマトアシナガバチ2

調べてみると
ヤマトアシナガバチ(Polistes japonicus)という種類のようです。
繭のキャップ(巣の穴でハチが蛹になる時にキャップができます)は、鮮やかな黄緑でなかなか綺麗です。

働き蜂達は、暑い中せっせと餌を捕ってきて、幼虫やオス蜂に与えています。
この種類は特に大人しくて、近くで観察しても大丈夫みたいです。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.03 | | コメント(2) | トラックバック(0) | いきもの

マコモの様子

コンテナ栽培のマコモ(Zizania latifolia)久々登場です。

マコモ9

少し肥料切れさせてしまったのと、根を傷めてしまったのと、虫害で下葉の枯れが多いですが・・・
「まあ、大丈夫」といった状態。

ところで、画像の右上のあたりに大きな葉が写っていますね。
そう、これは、アノ植物・・・↓


オオパイプカズラ17

昨年よりも早めですが、もう花芽が出来ていました。
シーズン到来です。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 家庭菜園

クラウン挿し

2か月くらい前にスーパーでパイナップルを買って食べました。

その時のクラウン(パイナップルの上についている葉っぱみたいな部分)を挿していたものです。↓


パイナップル1

軽石の小粒単用に挿していて、葉が伸びだしたので肥料もやっています。

パイナップル2

果物の鉢植えは、なんだかワクワクします。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.08.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 植物

«  | ホーム |  »

プロフィール

yamakamasu2012

Author:yamakamasu2012
我が家の植物の記録、
虫ネタなどなど、
コツコツ、地味にやってます

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR