FC2ブログ

日焼け注意

冬の間室内の窓辺で管理していた
仏頭玉(Trichocaulon cactiforme)を
戸外に出してやりました。


仏頭玉2

急に直射日光に当てると日焼けしてしまうので、
明るい日陰から少しずつ慣らしていきます。

今年も大きく育ってほしい。



スポンサーサイト



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 多肉植物

キレイナ花のウラの顔

綺麗で可愛い青紫の花が咲きました。↓

ムシトリスミレ1

花の元には黄緑の葉っぱ。↓

ムシトリスミレ2

葉っぱを良く見てみると・・・↓

ムシトリスミレ3

葉の表面に小さな毛のようなものが密集していて、何やら「ねばねば」しています。
哀れな虫が一匹、既にくっついています。

この植物は、食虫植物の仲間の「ムシトリスミレ」です。
ムシトリスミレの中には、いくつかグループがあるのですが、
画像のものは「メキシカンピンギキュラ(Mexican Pinguicula)」グループの、
Pinguicula ‘Huahuapan’(ピンギキュラ・ワワパン)です。

冬期は小さな葉を密集させた状態で休眠していましたが、
春になって動き出して開花している状況です。
これからの季節は大きな葉を展開していきます。
葉の表面には腺毛(せんもう)が生え小さな昆虫を捕えて栄養にしてしまいます。



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 食虫植物

キイチゴ属2種

キイチゴ属(Rubus)2種の花が咲いているので、ご紹介します。

一つ目は、カジイチゴ(Rubus trifidus)です。↓


カジイチゴ1

地下茎を伸ばし、シュートが伸び、ブッシュ状に育ちます。
4~5月に白い花を咲かせ、5月中~下旬にオレンジ色の実を着けます(食べられます)。

現在花が咲いています。↓


カジイチゴ2


二つ目はトキンイバラ(Rubus rosifolius)です。↓

トキンイバラ1

この種もカジイチゴと同じく、地下茎を伸ばし、シュートをあちこちから生やします。
純白の八重咲きの花をたくさんつけて、見事です。


トキンイバラ2

ただ、このトキンイバラ、茎や葉に小さな棘がたくさんついてて、
ちょっと触っただけで、手が引っかき傷だらけになってしまいます。
まあ、手袋をすればいいんでしょうけれど・・・


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 花木

孵化して四週間

飼育しているウスタビガ(Rhodinia fugax)、
孵化して四週間が過ぎました。

ウスタビガの幼虫は、
次の齢に脱皮する前に1~2日くらい、じっとしてほとんど動かなくなります。
この期間を眠(みん)というのですが、
まさに眠っているように見える間に、次の体の準備をしている訳です。

ウスタビガの場合、幼虫期間は5齢までありますので、
4眠5齢(よんみんごれい:4回眠があって、5齢になる)で蛹になるということになります。
(ちなみにカイコ(蚕)も4眠5齢です。)

さて、下の画像は、4眠状態の幼虫をティッシュペーパーを敷いたトレーに集めた状態です。
(4眠状態の幼虫:つまり、4齢幼虫が5齢に脱皮する前に寝ている状態)


ウスタビガ32

通常は枝や葉に掴まった状態で眠になって脱皮するのですが、
飼育環境下では、幼虫密度が高いので、
眠の邪魔をしてしまう別の幼虫の接近を避けるため、
このように集めておきます。

今日は集めていた幼虫が次々に脱皮して5齢幼虫になりました。↓


ウスタビガ33

無事に脱皮を終えた幼虫は、くるりと方向を変えて、
自分の脱いだ皮をパリパリと食べてしまいます。
食べ終わったものから、新しい枝に着けてやります。

5齢幼虫は毛がなくすべすべです。


ウスタビガ34

ウスタビガ35

なんか、かわいい(^^)。

※5齢幼虫(なったばかり)の体長:約40mm


おまけ画像、モッコウバラをバックに咲くアヤメ。↓
(西日の射す中で撮ったら、えらくブルーに写りました。)


アヤメ1





テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ウスタビガ

サクラソウ祭り

サクラソウが満開です。
今日は色々な品種をご紹介。


さくらそう21

前回も登場しましたが、
「墨染川(すみぞめがわ)」
丈夫で姿勢良く咲く、我が家では最古参の品種です。↓


さくらそう22

「少納言(しょうなごん)」
小輪ですが白覆輪が面白い品種です。↓


さくらそう23

「天女(てんにょ)」
花びらの形と色が美しい大輪花です。↓


さくらそう24

「桜狩(さくらがり)」
ピンクの大輪花、少々暴れます(草姿が乱れやすい)。↓


さくらそう25

「墨染源氏(すみぞめげんじ)」
小輪で渋い色合いのピンク花です。↓


さくらそう26

「光ル雪(ひかるゆき)」
純白の大輪花、すごく白いです。↓


さくらそう27

「前代未聞(ぜんだいみもん)」
ピンクに紅点が入る面白い花です。↓


さくらそう28

「御殿桜(ごてんざくら)」
薄いピンクの美花、植え替え時はボロボロでしたが、なんとか咲いてくれました。↓


さくらそう29

「駅路の鈴(えきろのすず)」
やや上向きに咲く中輪花、白覆輪が可愛い品種です。↓


さくらそう30

サクラソウ祭りはあと1週間くらいです。

さくらそう31


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.26 | | コメント(1) | トラックバック(0) | 山野草

これが 「パフィオ」 だ!

私が子供の頃、「パフィオペディラム」という洋蘭は、
めったに見かけない珍しい花でした。
(もちろん、愛好家の間では普通だったでしょうが、少なくとも、花屋さんには並ばない花でした。)

花の図鑑には、苔むした素焼鉢で妖しく咲いている写真が載っていて、
名前も「シプリペジウム」と書かれていました。
(現在、シプリペジウム(Cypripedium)とは、クマガイソウやアツモリソウのようなランの仲間のことで、違う属になっています。)

まあ、とにかく、パフィオは私にとっては憧れの花でした。

今や、パフィオは、たくさんの品種が花屋に並び、
洋蘭展へ行けば、素晴らしい整型花(花の形が全体として丸く整った交配品種)に出会えますが・・・

でも、私にとっての「パフィオ」は、「点花でギラギラした妖しい花」で
こんなのです。↓


パフィオ・シャーマイン1

パフィオペディラム・シャーマイン(Paphiopedilum Sharmain)
丈夫な品種で、毎年良く咲いてくれます。

この花が咲くたびに、「パフィオ」に初めて出会ったころの「ドキドキ」を思い出します。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 洋蘭

サラセニアの芽出し

2013.2.3の記事で植え替えをした、
サラセニア・オレオフィラ(Sarracenia oreophila)です。

新芽が伸びてきました。


サラセニア8

ちょっとわかりにくいですが、
新芽がスッと立ち上がるように伸びており、
丸い花芽も一緒に伸びてきています。


サラセニア9

この栽培槽は来月が見ごろになります。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 食虫植物

ガマの芽出し

2013.3.16の記事で植え替えたガマ栽培槽です。

ガマ栽培槽5

フイリガマ(斑入りガマ)(Typha latifolia cv.)が勢いよく伸びてきました。
コケ玉にも、ゼンマイやシランが目立つようになってにぎやかになりました。


ガマ栽培槽6

画像では確認できませんが、メダカ達も元気に泳いでいます。




テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 水生植物

ギボウシの春

我が家の庭の西側は日があまり当たらないので、
日陰に強い植物を植えています。
そのひとつが、ギボウシ(Hosta)です。


ギボウシ1

ギボウシ「ブルーエンジェル」(Hosta‘Blue Angel’)↓
青みがかった緑が素敵な品種です。


ギボウシ4

ギボウシ「フライドグリーントマト」(Hosta‘Fried Green Tomatoes’)↓
黄緑のやや凹凸のある葉が爽やかな品種です。


ギボウシ3

ギボウシ「サガエ」(Hosta‘Sagae’)↓
大きく美しく気品ある品種。


ギボウシ2

ギボウシの春は新しい葉がみるみる広がって、
綺麗で楽しい季節です。



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 山野草

孵化して三週間

飼育しているウスタビガ(Rhodinia fugax)、
孵化して三週間が過ぎました。

大きく元気に育っています。


ウスタビガ28

三齢幼虫が脱皮して四齢幼虫になっています。↓

ウスタビガ29

四齢幼虫です。↓
ブルーのスポットがオシャレですね。
毛は生えていますが、もう、毛虫というよりは芋虫です。


ウスタビガ30

違う角度からもう一枚。↓

ウスタビガ31

毛(とげとげ?)が痛そうに見えますが、
この虫は触っても大丈夫です。
刺されたり(刺さったり)しませんし、
毒も持っていません。

四齢幼虫(なりたて)の体長:30~35mmくらいです。


おまけ画像。
本日のサクラソウは八分咲きです。↓


さくらそう20



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ウスタビガ

THE YELLOW FLOWER

この季節、我が家の庭で一際目を引く黄色い花。

キバナイッペー3

キバナイペー(コガネノウゼン)(Tabebuia chrysotricha)です。
ブラジル原産のノウゼンカズラ科の樹木。


キバナイペー1

ホントに素晴らしい黄色!

キバナイペー2

大好きな花です。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 花木

ブルーベリーの花

ブルーベリーがたくさん咲きました。

ブルーベリー4

可愛い花。

ブルーベリー5

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 家庭菜園

サクラソウ6分咲き

サクラソウがたくさん咲いてきました。

さくらそう16

「ノサクラソウ」は満開。↓

さくらそう17

抱え咲きの「玉珊瑚(たまさんご)」。↓

さくらそう18

ピンクの大輪花「墨染川(すみぞめがわ)」。↓

さくらそう19

「サクラソウ祭り」は、まだまだこれから。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 山野草

女仙の近況

春の朝日を浴びて、
女仙(めせん)(=メセン(コノフィツム等の多肉植物の仲間))達が
気持ち良さそうにしていたので
近況報告します。

みんな、「ぷりぷり」です。↓


メセン1

コノフィツム・ラビシアナム↓

メセン2

オフタルモフィルム・フリードリッヒアエ↓

メセン3

コノフィツム「雨月(うげつ)」↓

メセン4

コノフィツム「清姫(きよひめ)」↓
(笑顔がいいですね(^^))


メセン5

メセン達はあと1か月ほどで皮を被って休眠(夏眠)に入ります。

今のうちにたっぷりお日様の光を浴びて栄養つけてね。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 多肉植物

百花の王

ボタン(品種:芳紀)が咲き始めました。

ボタン1

豪華な大輪花。

ボタン3

春のひととき。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 花木

スナップエンドウの収穫

家庭菜園のスナップエンドウ、
つるなし品種の実が大きくなっていたので、
初収穫しました。


エンドウ9

エンドウ10

早速、すじを取って、2分塩ゆで。

エンドウ11

甘くて、とっても美味しかったです。
幸せを感じる瞬間。(^^)



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 家庭菜園

孵化して二週間

飼育しているウスタビガ(Rhodinia fugax)、
孵化して二週間が過ぎました。

大きくなって、幼虫の存在感が出てきました。↓


ウスタビガ24

二齢幼虫のみなさん。↓

ウスタビガ25

脱皮して三齢幼虫になり始めています。↓

ウスタビガ26

三齢と二齢の比較。↓

ウスタビガ27

一番上の緑色の大きいのが三齢、下の黒が混じっているのが二齢です。
(右の方にいる小さめのは、二齢になったばかりの個体。)

三齢幼虫(なったばかり)の大きさは、約20mm。





テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ウスタビガ

マコモ生育開始

2013.3.24に植えつけたマコモ(Zizania latifolia)です。
少し伸びて、色が出てきました。


マコモ5

これからぐんぐん生長することでしょう。

マコモ6


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 家庭菜園

グンネラ始動

2013.3.16の記事で植え替えを紹介した
グンネラ マニカタ(Gunnera manicata)です。

無事に活着して新葉が展開してきました。


グンネラ18

今シーズンもいよいよ始動です。

グンネラ19

どれくらい大きな葉ができるか、ワクワクします。



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | グンネラ

カルノサ満開!

ラケナリア・カルノサ (Lachenalia carnosa)が満開です。

ラケナリア・カルノサ4

小さな球根植物ですが、
なんとも、迫力のある花穂。


ラケナリア・カルノサ5

見事です。

開花前の状態は、2013.3.20の記事を見てください。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 球根植物

小さなスイセン

原種スイセンのナルキッサス・ルピコラ(Narcissus rupicola)が咲きました。

N.ルピコラ1

このスイセンは、南ヨーロッパ原産で、
一般的なスイセンと比べると、とても小さい種(しゅ)です。

どれくらい小さいかというと・・・↓



N.ルピコラ2

大きさの比較として、
鉢の真ん中にボールペンを立ててみました。
まあ、これくらい小さい訳です。

小さくても、花にはしっかりとしたカップがあります。↓


N.ルピコラ3

栽培に関しては、少し気難しいところがありますが、
分球と種子で殖えます。



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 球根植物

孵化して一週間

飼育しているウスタビガ(Rhodinia fugax)、
孵化して一週間が過ぎました。

ペットボトルに活けたクヌギの枝で、
新葉をもりもり食べて大きくなっています。


ウスタビガ22

ぱっと見、よくわかりませんが、
葉の裏に幼虫が並んでくっついています。


ウスタビガ23

孵化したての頃は真黒な毛虫でしたが、
今は黒に黄緑が混じった毛虫になっています。
一回目の脱皮を始めた個体もいる状態です。
現在の体長10~13mmくらい。

元気に育ってね。(^^)


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ウスタビガ

エンドウ花盛り

家庭菜園のスナップエンドウです。

つるなし品種(手前)は花盛りで実がたくさんついています。
つるあり品種(奥)はこれからどんどん開花します。


エンドウ7

もう少しで収穫できます。

エンドウ8

楽しみです。(^^)

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 家庭菜園

サクラソウの開花始め

サクラソウがずいぶん大きくなりました。

さくらそう14

早いものが数輪咲きました。
今年の初花です。↓


さくらそう15

サクラソウの野生種「ノサクラソウ」。
淡いピンクでとても清楚な花です。

二週間ほど前の状態は、2013.3.18の記事を見てください。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2013.04.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 山野草

«  | ホーム |  »

プロフィール

yamakamasu2012

Author:yamakamasu2012
我が家の植物の記録、
虫ネタなどなど、
コツコツ、地味にやってます

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR